会社設立における登記の申請期間ってどのくらい?

登記申請

株式会社で会社設立をするときは定款の認証を受け、登記の申請を完了させなければなりません。
会社設立はこの登記が完了しないと、会社を設立したとは言えず事業を開始することが出来ないので注意しましょう。
そこで、登記の申請にはどのくらいの期間がかかるのかについて見ていきたいと思います。

・会社設立でもっとも期間がかかるのが登記の申請!
会社設立に関する手続きでもっとも時間がかかるのは「登記の申請」と言われています。
では、登記の申請にはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。
インターネット等では最短1日で登記の申請が完了すると書かれているものもあるのですが、これは電子定款を利用した場合で、用紙で申請を行う場合は10日~2週間程度の期間がかかります。
また、登記の申請に関しては自分で行う際、慣れない作業や書類集めや作成等で時間がかかってしまうこともあるので、登記の申請を出すまでに期間がかかりすぎてしまうこともあるでしょう。

・早く会社設立をしたいのであれば専門家に依頼するのがおすすめ!
先ほども言いましたが、電子定款を利用して登記の申請を行えば1日で登記の申請が完了します。
この際は専門家に依頼をするのがおすすめで、専門家であれば作業にも慣れているため早急に手続きを行ってくれますよ。
よって、会社を早く設立したい、10日~2週間も待っていられない、登記の申請が完了するまでに時間がかかりすぎなのではないかと思う人は専門家に依頼をして、登記の申請を行ってもらいましょう。
登記の申請が完了してからは、社会保険等の届出書も提出しなければならないので、登記の申請くらいは期間をかけずに行いたいという場合も専門家に依頼しましょう。

このように会社設立における登記の申請を行うには、10日~2週間程度の期間がかかります。
しかし、専門家に依頼をして電子定款で登記の申請を行ってもらうときは、1日で登記の申請を完了させることが出来ますよ。
専門家に依頼をすると別途で費用がかかると思っている人が多く、費用を払ってでも専門家に依頼をしたほうがいいのかと考える人もいます。
しかし、電子定款で登記の申請を行う際は、印紙代が不要となるので数万円程度で専門家に依頼できるということであれば、自分で手続きを行うよりも安くて早く登記の申請が出来るでしょう。
専門家に依頼をするときは信頼できる事務所や、安い費用でもしっかりと登記の申請を行ってくれる事務所を探しましょう。