会社設立と株主総会の関係

会社設立

会社設立をすると避けて通れないのが、株主総会です。
もちろん、株式会社でないのなら株主総会などもあまり影響を受けません。
しかし、企業の形式が株式会社だった場合は、株主総会の影響も強く受けてしまいます。
そもそも株主総会とはどういうものなのかというと、簡単に言えば株主が集まって経営や運営について色々と話し合う場だと言えるでしょう。
もしくは、経営や運営の状況について確認し、業績などを報告する場でもあります。
どちらにしても、企業として運営・経営をしている以上は、出資してくれる人に対して責任を持てる行動を取ることが必要です。
株式会社の場合は出資する人が株主となるため、当然ですが経営や運営に関しても意見を出すことが多いです。
会社としても資金を手に入れなくてはならないため、どうしても出資した人の意見を聞かなくてはならないのが現状だと言えるでしょう。

株式会社の特性として、株主から資金を集めて運営・経営をしていくという点があります。
つまり、資金を出してもらっている側なので、当然ですが成績を残さなくてはなりません。
例えば、そこで可能性を見出されなくなれば、出資者が出資すること自体を辞退してしまうことにもなりかねません。
いわゆる保有している株式を売却してしまった場合は、会社としても新しい出資者を見つけなくてはならない状況となるのです。
それを避けるためにも、毎年のように株主総会というのは必要となってきます。
もちろん、業績や成績が悪いと株主総会でそのことについて言及されることがあります。
そこで、納得のできる回答を出せなければ、やはりその後の出資が厳しい状況となってくることもあるのです。
株式会社の設立を考えている方は、その点も十分に考慮していくことが必要となります。
まずは会社設立について考えてみて、株主総会などもどのように対応していくかをしっかりと考えていくことが必要となるでしょう。

ちなみに、株主総会などに関しては、そもそもどうやって開催すれば良いのかわからないということもあるでしょう。
特に会社設立して間もない場合は、やはりそういうのも大変になってしまいます。
その場合は、専門家の意見を参考にすると良いかもしれません。
経営や運営についてはコンサルタントもいるので、そういう方に相談すれば良いです。
特に有利に株主総会を進められるようになるため、リスクの回避にも繋がります。
まずは専門家に相談して、株主総会についても考えてみてください。