司法書士に依頼するメリット

これから大阪で会社設立をしたいと考えている人も多いと思いますが、スムーズな会社設立をするためには専門家のサポートが欠かせません。
会社設立は個人事業の開業とは違っていろいろな手続きをしなければなりませんし、その都度専門的な知識が必要になる場面もありますから、もともと知識がある人を除いて専門家と一緒に進めて行くのが当たり前です。

中でもトータル的なサポートを望むのであればもっともおすすめなのが司法書士で、司法書士はいわば「手続きのプロフェッショナル」ですから、会社設立におけるすべての手続きについて専門的な知識を持っています。
たとえば会社設立関連の書類作成でも定款の作成はもっとも専門的な知識が必要になるところで、定款は今電子定款が主流になっており、これには専用のソフトを使います。
ソフトの導入コストやそれを使いこなすだけのスキルを得るための時間を考えると、司法書士に依頼したほうが早いですし紙の定款の印紙代にかかる40,000円よりも安い報酬で受けてくれるなら迷わず依頼したほうがいいでしょう。

また定款の作成・認証が終わったら今度は登記手続きをしなければなりませんが、登記手続きは専門的な知識はさほど必要ないものの、揃えなければいけない書類がたくさんあります。
登記申請時に必要な書類は登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙、 定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書、登記すべきことを保存したCD-RかFDとなります。

また株式会社は登録免許税150,000円、合同会社は60,000円必要になりますし、司法書士ならこれらをきちんと揃えてなおかつ申請代行までしてくれますので初めて会社設立する人でも安心です。
このように司法書士はあらゆる書類作成・手続き代行をしてくれますからとても助かる存在なのです。