行政書士に依頼するメリット

大阪で会社設立を考えている人の中にはどの専門家に依頼して手続きを進めていこうか迷っている人もいると思います。
まず会社設立と個人事業主の違いはスタートするときの手続きにあって、個人事業主の場合は開業届を出せばそれでOKですが会社設立の場合は定款の作成や登記書類の作成など書類作成にとにかく時間がかかります。

特に定款は今電子定款が主流になっているため、専用のソフトを使って作成することがほとんどですしそのほうがコストもかかりません。
紙の定款で作成する場合は印紙代が40,000円かかりますが、電子定款なら無料なので専門家へ依頼して電子定款を作成してもらったほうがスムーズな会社設立ができるのです。
定款は会社のルールブックのようなもので、会社の基本事項や機関設計、資本金などいろいろなことを記載していかなければなりません。
非常に重要な書類ですから知識を持った人に任せるのが一番ですし失敗するリスクもなくなります。

そういった意味で書類作成のスペシャリストと言えば行政書士で、行政書士は司法書士よりもコストが安くなることが多く、書類作成のみを依頼したいのであれば司法書士よりも行政書士のほうがおすすめです。
ただし登記申請を代行することができませんから、もし登記申請まで代行してほしいという場合は行政書士ではなく司法書士のほうがいいでしょう。
それでも登記申請は書類さえ揃っていれば法務局へ持って行くだけなのでそれほど手間もかかりませんし、コスト面を重視するならメリットは大きいと思います。

また、行政書士は許認可手続きも得意分野ですから、建設業、運送業、飲食業など許認可手続きが必要になる業種の場合はおすすめです。
許認可手続きが必要だったのにできていないと当然開業することができませんし、そもそもはじめから許認可手続きが必要なかったというケースもありますので、そういったトラブルを避ける意味でも行政書士はおすすめできます。