会社設立するのなら携帯電話だけでなく固定電話も

会社設立

法人としいて登記されている企業のほとんどは会社の電話番号を取得していて、ひとりで経営しているような小さな企業であっても会社の電話番号を取得しています。
しかし、現在では携帯電話やスマートフォンを1人1台は所持しているといわれる程の保有率で、昔と違って家庭に固定電話がないというケースも少なくないのです。
その為、会社設立する際にも携帯電話かスマホがあればわざわざ固定電話番号を取得する必要はないと考える方もいるでしょう。
ただ会社設立するのであれば会社用の固定電話番号を取得することも必要で、その理由を知るためにも固定電話番号がなぜ必要なのかを理解しておくと良いです。

固定電話番号を取得しないで会社設立すると、会社設立登記も携帯電話番号で行うことになりますし、名刺やHPに個人の携帯電話番号を記載することになります。
これら全て携帯電話番号で行えるのですが、そうすることで様々なデメリットが発生してしまうのです。
具体的なデメリットとしては、携帯電話番号で登記した場合に電話番号が変わった時に登記変更が必要になります。

また、軌道に乗った時に会社用の固定電話番号を取得する予定なら、その時にも登記変更が必要になるのです。
会社設立登記は非常に面倒で必要書類も多いですし登記変更も面倒で、そんな面倒な申請を二度もしなくてはならないといった可能性が高くなります。
それから名刺やHPに個人の携帯電話番号を掲載すると、個人の携帯電話へ営業電話が多数来ることになるのです。
また誰でも見ることができるようになってしまうため、プライバシーがなくなりますし個人情報の保護という観点からもデメリットになります。

会社設立時に固定電話番号を取得しない最も大きなデメリットになることは、仕事を頼んでも大丈夫という信頼がされない可能性が生じてしまうことです。
実は、会社設立したばかりの企業や個人事業主に対しては、本当に信頼できるのかというイメージが強くあります。
その為、お客様となる個人や企業が相手方を信頼して良い企業か見極めるポイントのひとつが固定電話の番号を取得しているかなのです。
その理由は、固定電話の番号を取得しているとしっかり企業として活動していると想像できますし、固定費用の支払いもできている健全な企業と考えるからです。
逆に携帯電話番号だけなら、しっかりと企業として活動してないのではないか、適当な仕事をされるのではないかなど心配をされてしまいます。
その結果、新規のユーザーを逃すことにつながってしまうという大きなデメリットになるので、これらを解消するためにも固定電話番号を取得する必要があるのです。