会社設立の費用

これから大阪で新規に会社設立をしたいと思っている人の中には費用はトータルでどれくらいかかるのか心配になっている人も多いのではないでしょうか?
一般的に会社設立と聞くと費用がかかるイメージがありますから心配する人が多いのも無理はありませんが、あらかじめどのくらい費用がかかるのか明確にしておくことによってスムーズに会社をスタートできますから、必ずここは調べておくところです。

会社設立にかかる費用はまず手続きにかかる費用があげられ、これは定款に関する料金と登記申請にかかる料金があります。
株式会社を設立する場合、定款にかかる費用は紙の定款を作成するなら40,000円、電子定款なら無料になります。
また定款の認証を公証役場でしなければなりませんのでその費用が50,000円、そしてそのほかにも謄本手数料2,000円などがかかります。
登記申請にかかる費用は登録免許税の150,000円なので、手続きにかかるトータルの費用はおよそ200,000円から240,000円程度だと言えるでしょう。

合同会社の場合は株式会社と違って定款の認証が必要ありませんので、紙の定款にしない限りは費用はかかりません。
登録免許税は60,000円ですから、最低でも60,000円あれば会社設立手続きができます。

次に会社設立手続き以外で必要になる費用と言えば資本金ですが、これは会社運営にもっとも重要なお金になりますので、しっかりとした金額を準備しておきましょう。
資本金の設定は少し難しい部分もありますが、基本的に会社スタートから3か月間の運営費が賄えるだけの金額を用意しておくと安心だと言われています。
さらに資本金1,000万円未満でスタートした企業は最大で2年間消費税が免除されるというメリットもありますので、必ずしも資本金が多ければいいというわけではないのです。
ほかにも事務所を借りるときにかかる不動産費用やインターネット回線を準備するときの費用などもかかります。