会社設立の疑問点

これから大阪で自分の会社を持ちたいという人も多いと思いますが、会社設立は個人事業主のように開業届を提出すればいいというわけではありません。
したがって初めて会社設立する人にとっては疑問点を多く、まずはここを解消していく必要があります。
そこでここでは初めて会社設立する人からよくあがる疑問点をピックアップしてみましたので参考にしてください。

まずひとつめは会社設立の流れに関するもので、もっとも多く聞かれるのが手続きの順番です。
たとえば株式会社を設立する場合、会社名や会社の所在地、事業内容を決めてから定款と呼ばれる書類を作成します。
定款とは簡単に言えば会社のルールブックのようなもので、ここには先ほど言った基本事項に加えて会社の組織図となる機関設計、さらに資本金などを記載します。
定款の作成は紙で行うものと電子定款がありますが、紙の定款の場合は印紙代が40,000円かかってしまいますので今は電子定款が主流です。
そして公証役場で認証手続きを行う際に手数料50,000円や謄本代2,000円などがかかります。

認証手続きが終わったら資本金の払い込みを行い、登記申請書類を揃えて法務局へ申請すれば完了です。
疑問点の中には登記申請の際に必要になる書類はどんなものか?という声も多かったのですが、これは登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙、 定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書、登記すべきことを保存したCD-RかFDとなります。

さらに株式会社は登録免許税150,000円が必要になりますので、こちらも忘れずに現金か収入印紙で準備しておきましょう。
収入印紙で用意する場合は郵便局へ行けば手続きが可能です。
このほかにもまだまだ疑問点になるところはあると思いますから、詳しいことは会社設立の専門家へ問い合わせてみてください。