会社設立は専門家と一緒にやるべき?

大阪で会社設立をしたいと考えている人の中には専門家に依頼してサポートしてもらおうか、自分だけでやっていこうか迷っている人もいると思いますが、会社設立手続きをスムーズに進めるなら専門家に依頼したほうがいいでしょう。
自分だけで手続きをすることを検討している人のほとんどはできるだけコストをかけたくないという考えだと思いますが、実は専門家に依頼して会社設立するよりも自分だけで手続きを進めたほうがコストがかかってしまうケースが多いのです。

なぜそうなってしまうのかと言うと、会社設立手続きには要所で専門的な知識やスキルを必要とする場面が出てきますし、手続きの数が多いので時間がかかってしまうからです。
たとえば会社の基本事項や機関設計、資本金などを記載した定款は会社設立するうえで必ず準備しなければなりませんが、これを作成するためには専門的な知識が必要になります。

定款の作成は紙の定款を作成する方法と電子定款がありますが、前者の場合は印紙代40,000円かかります。
電子定款の場合は無料になりますが、専用のソフトを導入する必要がありますし、それを使いこなすだけのスキルもなければいけません。
ですから40,000円以内で依頼を受けてくれる専門家がいればそちらに任せたほうがコストもかかりませんし、早く定款の作成が終わります。

さらに登記申請をするときにも揃えなければならない書類がたくさんありますし、会社スタートに向けて動いているときにそちらもやらなければならないとなるとかなり時間がかかってしまいます。
ですから専門家に依頼して進めたほうが結果的に時間もコストもかからず終わることが多いのです。
専門家に依頼するときにはそれぞれの専門家の特徴を把握することが大切で、たとえば税理士なら税金関連に強い、司法書士なら手続き全般に強い、行政書士なら許認可手続きに強いなど知っておくと希望に応じて依頼先を選べるので知っておいて損はありません。